忍者ブログ
東京での一人暮らしを始める若者たちに・・・

12月22日〜2月3日-穴八幡宮の「一陽来復御守頒布」


今日、お休みの人は「一陽来復御守頒布」に出かけてみましょう!
康平5年に源義家が氏神八幡宮を勧請したことにはじまり、寛永13年には幕府の御持弓組頭松平直次がこの地に的場を築き射芸の守護神として八幡宮をお祀りしました。
のちに宮守の庵を造るために南側の山裾を切り開いたところ神穴が出現し、穴八幡宮と呼ばれるようになりました。
江戸時代から続く「一陽来復御守」は金銀融通の御守として現在でも広く崇敬を集めており、毎年「冬至」から「節分」までの期間のみ頒布されています。

■住所
新宿区西早稲田2-1-11
■交通
東京メトロ「早稲田」駅
PR